ホームヘルパーの資格 - 女性の資格


ホームヘルパーの資格内のすべての情報

ホームヘルパー資格 ホームヘルパー2級

女性の資格として代表的な資格、ホームヘルパー2級についてご紹介しましょう。

ホームヘルパー2級とは

介護保険法で定められたケアマネジャーが作成する「ケアプラン」に沿って、要介護認定を受けた在宅の高齢者や障害者を訪問してサービスを行います。その内容は、掃除や調理などの家事や買い物扶助など家事全般から身体の介護など生活全般のサービスを提供する、ホームヘルパーとしての基礎的資格になります。

ホームヘルパー2級を取得するには

ホームヘルパー2級を取得するためには、国が定めたホームヘルパー養成研修132時間(講義60時間、実技42時間、実習30時間)を修了することによって取得できる資格です。
ホームヘルパー2級では、試験というものはありませんので取得しやすい資格といえるでしょう。また、ホームヘルパー3級資格を取得していなくても、ホームヘルパー2級資格を取得することができます。

ホームヘルパー2級の取得方法

ホームヘルパー2級資格取得方法としては、各地方自治体や民間の養成研修機関が主催している講座を受講することによって資格を取得できます。
ホームヘルパー2級講座を受講するにあたって、受講資格はありません。

◆民間の通信講座の特徴
ホームヘルパー2級の通信講座も最近は種類が増えてきています。

ニチイ学館 まなびネットのホームヘルパー2級講座 や
三幸福祉カレッジのホームヘルパー2級講座、
ヒューマンアカデミーのホームヘルパー2級養成講座
シカトルのホームヘルパー2級講座などがあります。

>>ホームヘルパー2級資格講座の一括資料請求はこちら <<

●受講期間はスクールによって違いますが、通信と通学の併用型ですと3ヶ月~6ヶ月程度となります。
短期集中コースなどで、1ヶ月程度で取得出来る講座もあります。

●受講料もスクールによって異なりますが8~9万円程度となります。

どちらの講座も資料請求は無料ですので、資料を取り寄せてみてからじっくり検討するのがいいでしょう。

 

 

ホームヘルパー資格 ホームヘルパー1級

女性の資格として福祉・介護の資格に注目している方に、ホームヘルパー資格をご紹介しています。
ホームヘルパー1級の資格は、ヘルパーの中でも上級の資格です。
3級、2級はこちらをご覧下さい。
ホームヘルパー3級 / ホームヘルパー2級

ホームヘルパー1級とは

ホームヘルパー1級の資格取得者は、事業所において「サービス提供責任者」として、後輩の育成指導や利用者とホームヘルパーとの、コーディネーター等の業務をすることができます。

社会福祉制度、認知症高齢者の介護技術、ホームヘルプサービス運営知識、心理学的援助技術など、より高度で深い介護知識を230時間かけて学び、修了すると取得できます。
試験はありませんので、講座を終了すると取得できる資格です。

ホームヘルパー1級の取得方法

ホームヘルパー1級の資格取得については、試験はありません。
1級の資格取得対策としては、都道府県において、実施される研修への参加もしくは、民間の民間の養成研修機関が主催している講座を受講という方法があります。

●講座の受講資格

1級の講座は2級ヘルパーとして介護実務経験を1年以上(180時間)の経験が必要です。

 ●講座の受講期間

各スクールによって若干異なりますが、平均で6ヶ月程度になります。

 ●講座の受講料

各スクールによって異なりますが、18万円~19万円程度になります。

 ●講座の内容

ホームヘルパー1級の講座の内容は講義・実技・実習からなっています。
・ 講義では社会福祉関連制度及びサービス・介護の方法及び技術等を学びます。
・実技では、ケアマネジメント技術・技術指導及び介護技術向上・困難事例対応術を学びます。
・実習では痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習・デイサービスセンター実習・チーム運営方式業務実習を学びます


民間の通信講座では、ニチイ学館や、三幸福祉カレッジ、などホームヘルパー1級の講座を開講している学校がありますので、資料を請求して、自分に合った学び方を探すと良いでしょう。
資料請求は無料ですので、各スクールの特徴を比較するには、便利です。

現在働きながら、ホームヘルパー1級の資格を取得しようという方には、通信教育という方法が選択肢のひとつとなりますが、通信教育ですと仕事を休むことなく、働きながら学べるという利点があります。

 

ホームヘルパー1級講座

ホームヘルパー資格 ホームヘルパー3級

女性の資格としてホームヘルパーは注目されている資格ですが、これから取得を目指す方はヘルパー資格のことをまず知っておかなければなりません。
ホームヘルパーの資格には、3級、2級、1級とありますが
ホームヘルパー3級の資格というのは、現状では仕事としてホームヘルパーをすることはできない、介護の入門編とお考えになった方が良いでしょう。

家庭での介護をするため、

介護の勉強をしたいという人向けの入門講座といった位置づけになります。

ホームヘルパー3級

ホームヘルパー3級は、50時間の講習を受けると認定されます。
ホームヘルパー3級の講習を実施する事業者や学校はほとんどありません。
家庭で家族介護に携わる人を対象に自治体が中心になって行っている講座です。

ホームヘルパー3級講習の内容は、座学での講義が25時間、お互いを要介護者に見立てた実技講習が17時間、在宅サービス提供の現場を見学する実習が8時間の計50時間です。

ホームヘルパー3級は家事援助だけ行うことができますが、身体介護や大きな介護サービスの仕事ができません。そのことから、ヘルパーとしての実用度は低いといえますので、実際に就職する場合にはヘルパー2級以上を持っていた方が良いでしょう。

高齢化社会によって今後ますます、一人暮らしの高齢者も増加していくと予想されます。
介護サービスの質とともに、介護職員の専門性の向上を図る目的で、平成18年度より、介護職員の研修体系が見直されました。
それまでの、訪問介護員養成研修に500時間の「介護職員基礎研修」が新たに追加され、「介護員養成研修」となりました。

今後ホームヘルパーの資格を目指す女性の方は、2級以上の取得を考えた方がよろしいということになります。

 

ホームヘルパーの仕事と資格

ホームヘルパーのお仕事は、高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や食事、入浴、排泄の世話などの身体介護や、家事のお手伝い、本人や家族から生活上の相談にのるという内容になります。

今後の高齢化社会を予測すると、2015年には25%の人が65歳以上という試算も出ているように、これからますます介護の必要性は高まっていくでしょう。

特に都市部では核家族化がすすみ、家族だけでの介護が難しくなているという現状があります。
特に認知症などの場合に、家族だけでは介護している側が、過労や精神的負担が大きくなります。これからの介護は、社会でみようという流れから1989年に、高齢者の保健・福祉に対して、公的サービスの目標が国によって定められました。この中に初めて「ホームヘルパー」という言葉が登場した歴史があります。

ホームヘルパーの仕事内容

訪問型サービス

ホームヘルパーさんが、利用者の自宅を訪問して介護サービスを提供するものです。ケアマネージャによって作成されたケアプランに基づいてサービスを行います。

  • 訪問介護
  • 訪問入浴介護
  • 訪問看護
  • 訪問リハビリ
  • その他

通所型サービス

デイケアセンターに通ってきた介護者の身体介護やレクリエーションの指導を行います。ホームヘルパーとしてデイケアセンターに勤務することになります。

  • 通所介護
  • 通所リハビリ

短期入所型サービス(ショートステイ)

短期間だけ入所させる施設で、日常生活上の様々な介護や看護を施すサービスです。ホームヘルパーとして短期入所施設に勤務することになります。

  • 利用者を送迎する場合の運転手
  • 入所受け入れの際の相談業務
  • 短期入所生活介護
  • 短期入所療養介護

ホームヘルパーの資格

ホームヘルパーになるためには、何の資格も必要としません。
しかし、介護保険の訪問介護などでは、ホームヘルパー研修を受けていない
人がサービスを提供した場合、給付はされないということから、ほとんどの事業所では、ホームヘルパー2級の資格保持者を条件としています。

ホームヘルパー研修課程には3級、2級、1級がありますが、3級の養成講座は少なく、2級への入り口とも言うべき講座ですので2級から始めることが好ましいでしょう。

ユーキャンの医療事務講座


ヒューマン・アカデミーの医療事務講座


介護と医療のニチイ学館まなびネット