ホームヘルパー資格 ホームヘルパー3級 - 女性の資格

ホームヘルパー資格 ホームヘルパー3級

女性の資格としてホームヘルパーは注目されている資格ですが、これから取得を目指す方はヘルパー資格のことをまず知っておかなければなりません。
ホームヘルパーの資格には、3級、2級、1級とありますが
ホームヘルパー3級の資格というのは、現状では仕事としてホームヘルパーをすることはできない、介護の入門編とお考えになった方が良いでしょう。

家庭での介護をするため、

介護の勉強をしたいという人向けの入門講座といった位置づけになります。

ホームヘルパー3級

ホームヘルパー3級は、50時間の講習を受けると認定されます。
ホームヘルパー3級の講習を実施する事業者や学校はほとんどありません。
家庭で家族介護に携わる人を対象に自治体が中心になって行っている講座です。

ホームヘルパー3級講習の内容は、座学での講義が25時間、お互いを要介護者に見立てた実技講習が17時間、在宅サービス提供の現場を見学する実習が8時間の計50時間です。

ホームヘルパー3級は家事援助だけ行うことができますが、身体介護や大きな介護サービスの仕事ができません。そのことから、ヘルパーとしての実用度は低いといえますので、実際に就職する場合にはヘルパー2級以上を持っていた方が良いでしょう。

高齢化社会によって今後ますます、一人暮らしの高齢者も増加していくと予想されます。
介護サービスの質とともに、介護職員の専門性の向上を図る目的で、平成18年度より、介護職員の研修体系が見直されました。
それまでの、訪問介護員養成研修に500時間の「介護職員基礎研修」が新たに追加され、「介護員養成研修」となりました。

今後ホームヘルパーの資格を目指す女性の方は、2級以上の取得を考えた方がよろしいということになります。

 

7月29日 15:50 のニュース
高1殺害 会いたいと誘った
日仏で装備品共同開発加速へ
米政府 露が核廃棄条約に違反

関連カテゴリー: ホームヘルパーの資格 , 福祉の資格


ユーキャンの医療事務講座


ヒューマン・アカデミーの医療事務講座


介護と医療のニチイ学館まなびネット