ホームヘルパーの仕事と資格 - 女性の資格

ホームヘルパーの仕事と資格

ホームヘルパーのお仕事は、高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や食事、入浴、排泄の世話などの身体介護や、家事のお手伝い、本人や家族から生活上の相談にのるという内容になります。

今後の高齢化社会を予測すると、2015年には25%の人が65歳以上という試算も出ているように、これからますます介護の必要性は高まっていくでしょう。

特に都市部では核家族化がすすみ、家族だけでの介護が難しくなているという現状があります。
特に認知症などの場合に、家族だけでは介護している側が、過労や精神的負担が大きくなります。これからの介護は、社会でみようという流れから1989年に、高齢者の保健・福祉に対して、公的サービスの目標が国によって定められました。この中に初めて「ホームヘルパー」という言葉が登場した歴史があります。

ホームヘルパーの仕事内容

訪問型サービス

ホームヘルパーさんが、利用者の自宅を訪問して介護サービスを提供するものです。ケアマネージャによって作成されたケアプランに基づいてサービスを行います。

  • 訪問介護
  • 訪問入浴介護
  • 訪問看護
  • 訪問リハビリ
  • その他

通所型サービス

デイケアセンターに通ってきた介護者の身体介護やレクリエーションの指導を行います。ホームヘルパーとしてデイケアセンターに勤務することになります。

  • 通所介護
  • 通所リハビリ

短期入所型サービス(ショートステイ)

短期間だけ入所させる施設で、日常生活上の様々な介護や看護を施すサービスです。ホームヘルパーとして短期入所施設に勤務することになります。

  • 利用者を送迎する場合の運転手
  • 入所受け入れの際の相談業務
  • 短期入所生活介護
  • 短期入所療養介護

ホームヘルパーの資格

ホームヘルパーになるためには、何の資格も必要としません。
しかし、介護保険の訪問介護などでは、ホームヘルパー研修を受けていない
人がサービスを提供した場合、給付はされないということから、ほとんどの事業所では、ホームヘルパー2級の資格保持者を条件としています。

ホームヘルパー研修課程には3級、2級、1級がありますが、3級の養成講座は少なく、2級への入り口とも言うべき講座ですので2級から始めることが好ましいでしょう。

7月29日 15:50 のニュース
高1殺害 会いたいと誘った
日仏で装備品共同開発加速へ
米政府 露が核廃棄条約に違反

関連カテゴリー: ホームヘルパーの資格 , 福祉の資格


ユーキャンの医療事務講座


ヒューマン・アカデミーの医療事務講座


介護と医療のニチイ学館まなびネット