医療系資格の難易度 - 女性の資格


医療系資格の難易度内のすべての情報

医療系資格の種類

女性の資格として人気の医療系資格ですが、その種類にはさまざまなものがあります。
医療系資格の種類とその難易度についてご説明してみましょう。

医療系の資格といってまず思い浮かぶのは医師、歯科医師、看護師、薬剤師などでしょうか。
この中でも医師、歯科医師の難易度は超難関な事はみなさんもご存知でしょうからまた別の機会に取上げることにします。

doctor003.jpg女性の医療資格として代表的な薬剤師も薬学部に入学できなければいけません。難易度は医師、歯科医師につづく高さと言えるでしょう。医師、歯科医師、薬剤師はまず専門大学に入学、卒業、そして国家試験に合格という超難関3資格です。

それでは、その他の医療系資格の難易度はどうでしょうか。

◆注目の資格 救急救命士 

テレビドラマ「コード・ブルー」や人気の海外ドラマ「ER」などで救急救急救命士が注目されています。時によっては医師以上に命の最前線に出る事もある救急救命士ですが、資格取得の難易度は実はそれほどでもありません。
医学部や看護学校、専門の養成所などを経て国家試験を受けることになりますが、合格率は実に8割にも上ると言われています。

◆その他の医療系資格

医療系の資格はその就職率の高さから人気という面もあります。
また、医療系専門学校で勉強してその後国家試験に合格することで資格取得ができます。
就職の需要があるかないかわからない資格を取るよりも、堅実というところも人気の資格である理由の一つでしょう。

医療系専門学校や大学などにすすみ、国家試験合格で資格の取得ができるものは、
助産師、保険師、歯科衛生士、あんまマッサージ指圧師、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、臨床工学技士などさまざまな資格があります。

これらの資格の難易度は、高校まで学校で真面目に勉強していれば受かる程度の難易度と言われています。

医療専門学校

ユーキャンの医療事務講座


ヒューマン・アカデミーの医療事務講座


介護と医療のニチイ学館まなびネット