看護士資格 - 女性の資格


看護士資格内のすべての情報

看護師の資格取得

看護師の資格は国家資格

看護師の資格を取るには、看護師国家試験を受けなければなりません。

看護師国家試験の受験資格
看護師国家試験は誰でも受けられるというものではありません。
高校の看護科、看護大学(短大)、看護専門学校で学んだ人にだけ受験資格が与えられます。

つまり、看護系の学校を卒業すれば看護師になれるというものではないのです。
しかし、看護師国家試験の合格率は非常に高く、90%と言われていますので、学校で学んだ事をしっかり身につけていればほぼ合格、という難易度です。
よっぽどの事がない限り、落ちることはないと思っていいでしょう。しかし、その前の学校を卒業するまでは非常に忙しい内容になっています。

専門看護師認定審査

看護師の国家試験に合格した後は、看護師として働くにあたって、現在では看護師不足と言われていますので、就職に困ると言うことはないでしょう。女性の資格の中でも、就職率の高い資格と言えます。

看護師として、さらに上を目指したい方向けには
専門看護師認定審査」というものがあります。

専門看護師認定審査はがん看護、精神看護などの専門的な分野で活躍するための「専門看護師」とみなされるためのものです。
看護師の資格を持っていなければ受けることができません。

認定看護師認定審査

認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた者と言う認定です。水準の高い看護実践を通して看護師に対する指導・相談活動を行う者のこととされています。

認定看護師も分野別に分けられていて、がん化学療法看護、手術看護、救急看護など、専門分野での熟練した看護技術と知識を得ることによって、認められるということです。

認定看護師も認定看護師も数年後とに資格の更新が必要となります。

女性の資格として、一番代表的な看護師の資格ですが、年々医療技術の進歩とともに常に勉強を必要とする意味で、資格を取ったら勉強しなくていいというものではありません。
結婚、妊娠、出産、子育てなどで、現場を離れていても、資格を持っていれば復帰は可能です。しかし、何年も現場を離れると、医療の変化についていけないという悩みはよく耳にします。しかし、女性は一度退職すると、ほぼ復帰は難しいのが現状の中、看護師資格はその点有利な資格と言えるでしょう。

 

ユーキャンの医療事務講座


ヒューマン・アカデミーの医療事務講座


介護と医療のニチイ学館まなびネット